写真・カメラ 

ここでは、「写真・カメラ 」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秀丸は阪神ファンで、年に2~3回、球場まで足を運びます。
この日は、プロ野球撮影用に購入したEF70-300mm F4-5.6L IS の初撮りです。

この日の先発は岩田、一塁アイビーシートからの撮影です。

EOS7D MarkⅡ EF70-300mm F4-5.6L IS F6.7 1/1500 ISO400

1回裏 上本がヒットで出塁

EOS7D MarkⅡ EF70-300mm F4-5.6L IS F6.7 1/1500 ISO400

ゴメスがタイムリーヒット!

EOS7D MarkⅡ EF70-300mm F4-5.6L IS F6.7 1/1500 ISO400

6回裏 ピッチャーの岩田が3点タイムリースリーベース!!

EOS7D MarkⅡ EF70-300mm F4-5.6L IS F5.6 1/1000 ISO400 

試合は4対2で阪神が中日に勝利!
ヒーローインタビューは投打に活躍の岩田です。

EOS7D MarkⅡ EF70-300mm F4-5.6L IS F5.6 1/500 ISO1600

EF70-300mm F4-5.6L IS は7D MarkⅡとの重量バランスが良く、長時間の手持ち撮影も苦になりません。
開放からシャープな描写ですし、AFの速さ、ISの効きも申し分なく、購入して正解でした。
スポンサーサイト
ここ一月で撮影機材一式を入れ替えました。

ニコンからキヤノンへ移行
22年間の長期にわたるキヤノン派でしたが、キヤノンからEOS 60D、EOS 7D、300mm F4、
100-400mm F4.5-5.6の後継機種がなかなか発売されないのに待ちきれず、
野鳥撮影機材をEOS 60D+300mm F4から、ニコン D7100+80-400mmの新型に去年、移行しました。
レンズの写り自体は、そこそこ満足していましたが、どうしてもニコンの操作系が好きになれませんでした。

ここ二ヶ月程の間に、キヤノンからEOS 7D MarkⅡとEF100-400mm F4.5-5.6 L IS Ⅱ USMと、
ようやく魅力的なカメラ&レンズが発売されたので、キヤノンに戻ることにしました。
EOS 7D MarkⅡはD7100よりスペックが大幅に上回っており、実に良くできたカメラです。
レンズもニコン80-400mm新型より、キヤノン100-400mm新型の方が、
解像力と手振れ補正の効果で上回っており、入れ替えて正解でした。


ミラーレス一眼から高級コンデジへ移行
ミラーレス一眼は一眼レフに比べると軽量ですが、ポケットに入る訳ではありません。
又、野鳥などを超望遠レンズで撮影する場合は、やはりキャノンorニコンの一眼レフを使うのがベストです。
ミレーレス一眼(OM-D E-M1)が中途半端に感じるようになったため、コンデジでありながらEVFが付いており
ミラーレス一眼に近い感じで使用できる、ソニーRX100MⅢに買い換えました。
RX100MⅢの写りは予想を上回り、EOS 7D MarkⅡと良く見ないと区別がつかない程、優秀です。
こちらも入れ替えて正解でした。
OM-D E-M1を、もっと気軽に持ちだせるように、重さ僅か70gのズームレンズ、
LUMIX G VARIO 12-32mm F3.5-5.6を購入しました。

それと、E-M1に付属のネックストラップは幅が38mmで、コンパクトなボディ&レンズに対して
太すぎるため、30mm幅のCSS-P118に交換しました。
このネックストラップは幅が丁度良く、材質が柔らかいため、首に掛けたときの感触が良くお勧めです。


早速、試し撮りに出かけてきました。
以前から、気になっていた、阪堺電車の路面電車に始めて乗車しました。
料金は一律200円と安く、地元市民の足となっているようで車内は混雑していました。
一台、一台の塗装が変わっているので、見ていて楽しいです。

OM-D E-M1 LUMIX G VARIO 12-32mm F3.5-5.6 12mm F5.6 1/180 ISO200


OM-D E-M1 LUMIX G VARIO 12-32mm F3.5-5.6 32mm F5.6 1/1000 ISO200

12-32mm は、そこそこ写りが良く、A3サイズ程度の鑑賞なら、絞り開放から満足のいく描写性能です。
AFも早く、ズームリングも滑らかで操作も快適ですし、軽いので首に掛けっぱなしでも疲れません。
m4/3の最大の魅了である、小型、軽量を満喫できる、楽しいレンズだと思います。
秀丸は毎年、京都へ紅葉を見に行きます。
今年は南禅寺に出かけました。

真っ赤な紅葉が綺麗です。

OM-D E-M1 LUMIX G X VARIO 12-35mm F2.8 12mm F8 1/60 ISO200

南禅寺境内の紅葉は色とりどりで綺麗でした。

OM-D E-M1 LUMIX G X VARIO 12-35mm F2.8 18mm F5.6 1/60 ISO400

南禅寺の紅葉はとても綺麗で心が安らぎました♪
オリンパスからフラッグシップのミラーレス一眼、OM-D E-M1が発売されました。
秀丸は事前に予約して、発売日の10月11日にボディを入手しました。

E-M1にはグリップが有る為、ホールディングが良好です。
自分好みに、いろいろカスタマイズできますし、ダイヤルの場所も良く操作性は抜群に良いです。
特にEVFはフルサイズ並に倍率が高く、高精細でとても自然な見え方です。
シャッターを半押しにすると5軸手振れ補正の効果で像が、ぴたっと止まるのが感動的です。
レンズはパナソニックの12-35mm F2.8を装着すると見た目も、実際のバランスも良好で
ベストマッチだと思います。

早速、堺市にある大仙公園へ撮影に出かけました。

大仙公園内の日本庭園

OM-D E-M1 LUMIX G X VARIO 12-35mm F2.8 12mm F5.6 1/750 ISO200

ノーマルの設定ですが、空の青さ、木々の緑の色等、なかなか良い描写だと思います。

OM-D E-M1はオリンパスの技術が凝縮した素晴らしいカメラです。
これからメイン機材として活用していきたいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。