写真・星見・鳥見など趣味のブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
南十字星は誰もが一度は見てみたいと思う憧れの星座ですよね!
海外旅行大好きな秀丸は過去に何度か見ています(^^)

南十字星は見る緯度によって見え方が随分と違ってきます。
天体は地平線に近ければ近いほど大きく感じます。
地平線近い太陽や月が大きく感じるのと同じ理由です。

北緯10度~20度程度の場所で見る南十字星は大きく見栄えがします。
グアム、サイパン、ハワイなどで見る南十字星は感動します!

1月~6月にかけて南の空に見えます。
南中時間は下記の通りで前後1時間位が狙い目です。
2月1日4:00、3月1日2:00、4月1日0:00、5月1日22:00、6月1日20:00 

一方、南半球で見る南十字星は小さな可愛い星座です。
ほぼ一年中見えますが9月~10月は条件が悪いです。

下の写真はオーストラリアのケアンズから車で1時間程の所で撮影しました。
真中に南十字星が写っています。
左に有る明るい二つの星はケンタウルスαとΒです。
右側にはエータカリ―ナ星雲が赤く写っています。
全天で最も綺麗な領域です!

クリックすると画像が大きくなります。

Canon EOSkissD シグマ18-50mm 28mm f2.8 30sec ISO800
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。