写真・星見・鳥見など趣味のブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トップツアーの上海皆既日蝕ツアーに参加してきました。

このツアーでは上海の中心地から約60km南の「海湾風筝放飛場(凧揚げ場)」を
貸しきって観測会場にしています。
広々した場所なのでゆったりと観測する事ができます。
この場所での皆既継続時間は5分50秒です。
この日のお天気は残念ながら曇りです。

観測会場の様子


会場には沢山の天文ファンが機材を設置していました。
夏休みということもあって家族連れの方も多かったです。

観測会場では「気ままに星空観望仲間」愛知支部の、そらさんと星好き先生さんに
お会いし少しお話しをしました。
お二人に聞いた話だとNinoさんは朝の飛行機で武漢に向かったとの事。
何回も皆既日蝕を見てる日食ハンターだけあって凄い行動力だと感心しました。

日食観測の方ですが時々、雲の薄い部分から欠けた太陽を確認する事ができます。
雲で減光され肉眼やノーフィルターの双眼鏡で欠けた様子を楽しむ事ができました。

食部90%の太陽


これだけ欠けた太陽を見るのは始めてです。
双眼鏡(18×50IS)で見ると迫力がありました。

食部90%を超えた辺りから雲が濃くなりそれ以降は太陽が見えなくなりました。
この頃から気温が低下し涼しくなるのを感じ始めました。

そして皆既の45秒前辺りから暗くなり始めました。
本影錘の移動に伴う暗闇が近づいてくるのが分りました。
そして皆既に突入すると周囲は真っ暗になり驚きました。
もう少し明るいかと予想してましたが皆既+曇りの為か完全に夜の暗さでした。
周囲では拍手が起こりました。
皆既と同時に近くの建物の照明が点灯して綺麗でした。

皆既時の周囲の様子①


皆既時の周囲の様子②


皆既に突入して4分位した時に急に大粒の雨が降ってきました。
慌ててカメラと双眼鏡を片付け傘をさしました。
そうこうしてる内にやがて空が明るくなり始め昼が戻ってきて
初めての皆既日蝕が終わりました。

大きく欠けた太陽、皆既時の真っ暗な様子、気温の変化など皆既日蝕の雰囲気を
体験でき感動が有りましたし参加して良かったと思います。
ただコロナやダイヤモンドリングを見れなかったのは悔しいです。
次はいつになるか分りませんが、いつか黒い太陽を拝みたいです。
スポンサーサイト
いよいよ皆既日蝕本番です!
今日は上海皆既日蝕遠征の観望&撮影機材の準備をしました。

バルコニーに眼視系の機材一式を出して太陽を観望しました。
現在の太陽活動は極小期のため、PSTで、かなり小さいプロミネンスが一箇所と、
小さいプラージュが一箇所見える程度でした。
ここ数ヶ月はこんな感じの見え方です。
皆既時にプロミネンスが見えるかどうかは微妙な感じです。

やはり一番の楽しみは、コロナの眼視観望です!
双眼鏡(18×50IS)でじっくり楽しみたいと思います。



眼視機材
太陽専用望遠鏡 コロナドP.S.T 双眼鏡 Canon18×50IS Vixen日食グラス2人分
撮影機材 
静止画用 Canon EOS40D EF-S18-55IS EF70-300mmIS 動画用 Casio EX-Z400
その他
カメラ三脚2台、折りたたみ椅子2人分、双眼鏡 Canon12×36ISⅡ(嫁さん用)

眼視メインで写真は手持ち撮影のみを予定しています。
それと日食観望してる様子を動画撮影するつもりです。

後は、当日のお天気だけです。
晴天祈願!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。