写真・星見・鳥見など趣味のブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9月26日は仕事を終えた後、みつえ高原牧場へ遠征しました。
時折、筋状の雲が通過するものの概ね晴れで透明度も良かったです。
いつもの道路脇にNinja-320を設置しました。
牧場特有の開放感が気持ちよくお気に入りの観望場所です。



今回は普段はあまり見ない惑星状星雲を中心に観望しました。

NGC7009(土星状星雲)は128倍で眼視でも色が分り綺麗な水色に見え感動的です。
高度が低くかったため気流が悪く土星の輪のような構造は、ちらっとしか見えませんでした。

NGC6826(まばたき星雲)は128倍で直視すると中心星しか見えず、逸らし目にすると
白色の丸い星雲がはっきり見え面白いです。
「まばたき星雲」と呼ばれる理由に納得しました。

M57(環状星雲)はUHC・128倍で楕円のリング状に見えリングの内側も
薄っすら星雲があるのが分る。

M27(亜鈴星雲)はUHC・128倍で濃淡が見事で左右の膨らんだ部分も良くみえました。
惑星状星雲では最も見ごたえのある対象です。

M76(小亜鈴星雲)は240倍で中央がくびれていて亜鈴のように見えます。
北側より南側の方が明るく、なかなか見ごたえの有る星雲です。

NGC7662(青い雪だるま)は240倍で青緑色が分り綺麗!
直視だと丸く、逸らし目にするとリングというかCの字状の構造が見え感動しました。

惑星状星雲は高めの倍率で見ると、特徴が良くわかります。
色が見えたり構造が見えたりと、なかなか楽しかったです。

これ以外ではM31をパンオプティック35mm+パラコア、48倍、1.4度で見た姿が良かった!
同一視野内にM32とM110もぎりぎり入り、天体写真で良く見かける構図になります。
暗黒帯が二本はっきりと見え、中央部の輝きが印象的です。
本体は視野から少しはみ出していて北側より南側の方が濃いです。
良い空で見るM31は美しいです。

今回は収穫も多く、遠征して良かったです。
スポンサーサイト
世間ではシルバーウイークで5連休なですが、秀丸は急ぎの仕事で土日も出勤(涙)
それでも3連休ですけどね・・
天気予報では、この日、遠征しないとその後は曇りそう・・
という事で仕事を終えた後、みつえ高原牧場へ遠征しました。

23時頃に到着、現地では既に、もりやすさんが天体撮影をされてました。
もりやすさん、いろいろとありがとう御座いました。

この日は快晴で透明度が最高レベルに良かったです。
星雲・系外銀河を中心にNinja320で観望しましたが、どれも抜群に良く見えました。

まずは白鳥座の星雲
網状星雲はOⅢで複雑な構造が見え、中間の三角状の星雲のガスの流れが分り、
更にその東側に、もう一筋流れが有るように感じました。
北アメリカ星雲もOⅢで普段より濃く、特にメキシコ付近のガスの流れ濃淡が素晴らしい!
ペリカン星雲もOⅢで視野いっぱいに広がり良く見えました。
三日月星雲もOⅢでループ状に綺麗に見えました。

次に秋の星雲
らせん星雲はUHCで大きくはっきり見え、中央部が周辺より少し淡いです。
カリフォルニア星雲はHβで視野から大きくはみ出し、見ごたえ十分。

次に系外銀河
NGC253は中心部の構造が感じられ迫力がありました。
M31は128倍で迫力満点の姿で、この倍率だと近くのM32・M110も特徴が分り
面白かったです。
M33は腕が明瞭に見え、南側の腕が三つの明るい領域に別れいるのが
分り素晴らしかったです。

もりやすさんのリクエストでバラ星雲と馬頭星雲を見ました。
バラ星雲は高度が不十分な為、ノーフィルターでは見えませんでしたが
OⅢを使えば、視野いっぱいに広がった様子を楽しめました。

馬頭星雲は難易度の高い対象で、Hβで秀丸には確認できましたが、
もりやすさんは見えなかったようです。
一度、見方が分かると何度でも見えるので又チャレンジしましょう。

仕事後の疲れを押しての遠征でしたが、透明度の良い空を楽しむ事ができ
行って良かったです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。