写真・星見・鳥見など趣味のブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここ最近、お天気の悪い日が多かったですが、本日は晴天で久々に太陽をじっくり観望&撮影できました。
今日の太陽はやや目立つプロミネンスが2箇所ほど出ていて迫力がありました。
又、光球面は活動域の様子やダークフィラメントが良く見え楽しめました。
太陽は眼視でじっくり見るのが楽しいです。

撮影の方ですが、新たにテレプラスPRO300×2を購入したので今回からこちらでの撮影です。

太陽全体像

LS60THa/PT/B1200 テレプラスPRO300×2 EOS60D

上記の画像から強トリミング




テレプラスPRO300×2もテレプラスPRO300×1.4+テレプラスSHQ×1.5も画質、画角はほぼ同じで
特に差は感じられません。
ただテレプラスの2段重ねだと、ガタ(たわみ)が出るので、その点では×2一個の方が安心です。
スポンサーサイト
お盆休みの真っ最中で連日、太陽観望&撮影をしております。
昨日までは小さなプロミネンスが中心でしたが、本日はやや目立つプロミネンスが出ていました。

太陽全体像

LS60THa/PT/B1200 テレプラス×1.4+テレプラス×1.5 EOS60D

上記の画像から強トリミング

これだけ写れば個人的には満足です(^^)

今回は少しづつピントをずらして撮影する方法で撮影しました。
ただ同じピント位置でも気流の影響で写りが変わってくるので
複数枚の撮影は必要なようです。
お盆休みに入りました。本日は良いお天気なので太陽観望&撮影です。
先週末に見えていた黒点群が見えなくなり、プロミネンスもあまり大きな物はありませんが、
数はそこそこ出ていました。

今回はテレプラスを2段重ねにして1050mmでの撮影です。
700mmに比べるとピントの追い込みがシビアに感じます。それに経緯台なのでピント合わせをしたい箇所が
すぐにフレームアウトしてしまいます。
理屈の上では700mmより解像度の高い写真が撮れるはずです。

太陽全体像

LS60THa/PT/B1200 テレプラス×1.4+テレプラス×1.5 EOS60D

上記画像からプロミネンスが賑やかなエリアを強トリミングしました。

撮影時刻は9:24 左下のプロミネンスは2重のアーチ状で面白い形状ですね。少しピントが甘いです。

こちらは10:51撮影の画像です。

プロミネンスの形状が変化しているのが分かりますね。こちらの方がピントがいいですね。

1050mmでの撮影は700mmに比べるとピントが難しいですね~
ただピントを追い込めれば強トリミングによるプロミネンスの拡大撮影にも対応できそうです。
本日、ラントLS60THa/PT/B1200のファーストライトを行いました!

この望遠鏡の一番の特徴はエアープレッシャーチューニングです。
実際にチューニングハンドルを回してみると透過バントが緩やかに太陽全体に均質に変化します。
ティルト方式と違ってエタロン自体を傾けないため、太陽全体像の均質性が高いようです。

LS60THa/B600では透過バンドとピントがきっちり合って見える範囲が狭いため、
自分の見たい箇所、又は撮影したい箇所を視野の中心にもってくる必要がありましたが、
LUNT LS60THa/PT/B1200では太陽全体にピントが合っており、太陽を視野の中心に
入れれば全周でプロミネンスが見えます。
太陽を視野の中で移動させるとプロミネンスの見え方は変化しますがLS60THa/B600よりも
変化が緩やかです。

初撮影にもチャレンジしました。

LS60THa/PT/B1200 テレプラスPRO300×1.4 EOS60D 
太陽全体にピントが合っており、プロミネンスが全周で小さな物まで綺麗に写っていて驚きです。

こちらは以前、LS60THa/B600で撮影した太陽全体像です。

LS60THa/B600 テレプラスPRO300×1.4 EOS60D
太陽の周囲に、非対称の赤いもやもやが有り、良像範囲が狭いです。

LS60THa/B600とLS60THa/PT/B1200の写真適正の差は歴然ですね。
ただ視野の中心に見たい部分を持ってきた時の眼視での見え方は同じなので
眼視のみなら価格の安いLS60THa/B600でも十分だとは思います。
個人的に今回の買い換えは大正解でした。
LS60THa/B600からLS60THa/PT/B1200へ買い替えました!

ラント LS60Tha/B600は見え味が良く、気に入っているのですが、最近になって
PTモデル(エアープレッシャーチューニング)が追加され気になっていました。

気圧を変化させることによってバンドを変化させるため、ティルト方式より
透過バントの調整がしやすいのが魅力です。
更に買い替えに伴ってブロッキングフィルターをB600からB1200へ
グレードアップすることが出来ました。

円相場が1ドル77円と過去最高レベルの円高なので個人輸入で
安く購入することが出来ました。

LS60THa/PT/B1200の写真です。

エアープレッシャーチューニングのハンドルが大きく目立っていますね。
ハンドルを回してみましたが結構、固めの動きでした。
週末のファーストライトが楽しみです(^^)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。