写真・星見・鳥見など趣味のブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9月23日の夜は快晴が期待出来る天気予報でした。
この時期は通常なら、みつえ高原牧場へ遠征するのですが、台風の影響で牧場内道路は通行止めです。
そこで日の岬へ遠征することにしました。

21時頃より観望を開始しました。空は快晴で透明度が良く素晴らしい星空です。
椅子に座って、濃い天の川を、しばし肉眼で楽しみました。

この日見た星雲は、わし星雲、オメガ星雲、網状星雲、北アメリカ星雲、ペリカン星雲、
パックマン星雲、亜鈴星雲、ドーナツ星雲、土星状星雲、らせん状星雲、青い雪だるま、小亜鈴星雲など
Ninja-320、83倍、OⅢフィルターで見る、らせん状星雲が特に良かったです。

球状星団の見比べも楽しく特にM15が綺麗に感じました。
散開星団はM11、M103、二重星団が特に綺麗に感じました。
系外銀河はM31は迫力が有りましたし、M33は逆S字上の腕が確認できました。

23時~24時頃の木星は、大赤斑が出ていて、まずまずの見え方。
32cmで見る木星は色が良くわかるのが良いですね。

この日は満足のいく観望が出来、遠征して良かったです(^^)


スポンサーサイト
るり渓で行われた「星をもとめて」に行ってきました。
今回の一番の目的は太陽観望会なので昼間のみ参加してきました。

普段は自分のLS60THa/PTしか覗く機会が無いので、他のHα望遠鏡で
太陽が、どのように見えるのか興味があります。
当日の天候は雲が多く、時々薄雲を通して太陽が見える状態でした。

こちらはソーラーマックス90+TeleVue-102、とっても豪華な組み合わせです!

覗かせて貰いましたが、雲の影響で良く見えず残念でした。

こちらはラントLS80THaです。フードを引っ込めた状態でも使用できるので、もっとコンパクトになります。

覗かせてもっらった時は雲が薄く、そこそこ良く見える状態でした。
LS60THaより、像が少し明るくプロミネンスが鮮明かつ詳細まで見え1クラス上の見え方です。
サイズ的にも扱いやすそうで、とっても魅力的な鏡筒だと思いました。
でも価格的に手が出ません(^^;

その後、天文ショップ、メーカーのブースを見て回りました。
双眼鏡をいくつか覗きましたが、協栄産業のオリジナル8×32ダハは安価な割りに
抜けが良く、広角で開放感が有り、他メーカーの3~4万クラスと同等の見え方だと思いました。
興味のある方は下記のページを参照して下さい。
http://www.kyoei-osaka.jp/SHOP/kyoei-8x32dcf.html

こちらはビクセンのブースに展示してあった11月発売予定のポラリエです。

天体追尾が可能で重量800gと軽量コンパクトな商品です。
カメラ三脚に乗せて観望の傍ら、ちょっと星野撮影するのに良いなあと思いました。

今回は、昼間のみの参加でしたが、太陽観望会では多くの方が楽しんで居られました。
こういったイベントを通じて天文に興味を持つ人が増えるのは良い事だと思います。
私自身も、楽しむことができましたし、参加して良かったです(^^)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。