写真・星見・鳥見など趣味のブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、野鳥撮影にはまっています。
OM-D+100-300mm F4-F5.6の組み合わせは手軽に、そこそこの写真が撮れるのが長所です。
ただF5.6と暗いしレンズの描写性能も平凡で物足りなさを感じるようになってきました。

現在、M4/3で一番長いレンズが100-300mm F4-5.6であり、キヤノンやニコンのように
優秀な長玉が存在しません。
デジ一眼はEOS60Dも所有しているので、ここはやっぱり白レンズでしょ!
といっても大砲レンズは高価過ぎて買えないので、EF300mm F4L IS(サンヨン)の中古を購入しました。

さっそく汐見公園に野鳥撮影に行ってきました。

シジュウカラ

EOS60 EF300mm F4L IS テレプラスPRO300×1.4 F5.6 1/250 ISO1600

ケンコーの×1.4テレコンを併用して420mm、f5.6の撮影ですが、羽の部分など良く解像してますし、
十分なが写りだと思います。

アトリ

EOS60 EF300mm F4L IS テレプラスPRO300×1.4 F5.6 1/750 ISO1600

この野鳥を見るのは初めてです、独特の色調で美しい鳥だと思いました。

EF300mm F4L ISは流石にLレンズだけあり、解像感がそこそこ高いし、×1.4テレコンを併用しても
十分な画質が得られます。重量的にも扱いやすく、手持ちで軽快に撮影できます。
ISも効果があり、300mm 1/125でも4枚に1枚位はブレずに撮れ、連射すれば、なんとかなります。

これから、このレンズを使いこなせるよう頑張りたいと思います。
スポンサーサイト
今日は汐見公園へ野鳥撮影に出掛けました。
最初に見つけた鳥はヒガラでした。ちょっと変わった格好です。

ヒガラ

OM-D E-M5 LUMIX G VARIO 100-300mm F4.0-5.6 205mm F5 1/200 ISO800

とても小さな野鳥が3羽ほど居るのを発見!
始めて見る野鳥で自宅に帰ってから名前を調べたところ、日本で一番小さい野鳥、
キクイタダキであることが分かり、ちょっと特した気分になりました。

キクイタダキ

OM-D E-M5 LUMIX G VARIO 100-300mm F4.0-5.6 275mm F5.5 1/320 ISO1600

お腹がオレンジな鳥が・・ジョウビタキ発見!
この鳥を実際に見るのは始めてなので感激しました。

ジョウビタキ♂

OM-D E-M5 LUMIX G VARIO 100-300mm F4.0-5.6 300mm F5.6 1/80 ISO1600

ジョウビタキ♀

OM-D E-M5 LUMIX G VARIO 100-300mm F4.0-5.6 300mm F5.6 1/160 ISO800

秋の汐見公園は野鳥が多く、十分撮影を楽しむことができました。
特にジョウビタキはお腹のオレンジが綺麗で気に入りました。
先週から今週に掛けて近所の川(槇尾川)で野鳥撮影を楽しんでいました。
川沿いの並木で野鳥を探していると、黒と黄色の綺麗な鳥が・・
キビタキ発見!

キビタキ♂

OM-D E-M5 LUMIX G VARIO 100-300mm F4.0-5.6 300mm F5.6 1/400 ISO1600

キビタキ♀

OM-D E-M5 LUMIX G VARIO 100-300mm F4.0-5.6 300mm F5.6 1/320 ISO800

写真ではよく見かける鳥ですが、実物を見たのは始めてなので感激しました。
オスとメスで全く外見が異なります。
他にはコサメビタキがいました。こちらも可愛い鳥ですね。

コサメビタキ

OM-D E-M5 LUMIX G VARIO 100-300mm F4.0-5.6 300mm F5.6 1/800 ISO1600

更に川沿いで野鳥を探していると・・
カワセミ発見!

カワセミ

OM-D E-M5 LUMIX G VARIO 100-300mm F4.0-5.6 300mm F8 1/200 ISO800

カワセミは去年までは時々見かけましたが、今年に入ってから見かけなくなっていました。
少し前から探していましたが、ようやく発見することができ嬉しかったです。
対岸で距離があり、ピクセル等倍でようやく鑑賞できる大きさです。

野鳥の撮影は600mm相当でも、焦点距離不足を感じますね。
もう少し長いレンズが欲しいところです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。