写真・星見・鳥見など趣味のブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Ninja-320

口径320mm 焦点距離1450mm 重量21.5Kg ドブソニアン 2004年3月購入

それまで遠征用に使用していた、R200SS(20cmニュートン)では物足りなくなり、
以前から天文雑誌の広告で憧れていた、Ninja-320を購入しました。

鏡筒を2分割する事ができ、32cmと大口径にも関わらず運搬&設置が楽に行えます。
光軸が狂いにくく、ミラーもロシア製の高精度な物が使われています。

フィルターを使ってメジャーな星雲を見ると迫力満点です。
系外銀河も腕や暗黒帯などの構造が見える物が多数あります。
球状星団はMナンバーの物は全て分解し、散開星団も星数が多く見ごたえがあります。
気流が安定した時の惑星像は素晴らしく、木星は色彩豊かで、縞の微細構造、大赤斑内部の様子、
SSTB白斑まで見え感動物です。

最近、星見遠征は殆どしなくなったため、自宅のバルコニーで惑星観望用に使用しています。

TSA-120

口径120mm 焦点距離900mm 重量7.2Kg(鏡筒+バンド+プレート) アポ屈折 2016年1月購入

自宅用に11年間、使用してきたTeleVue-101(10cmアポ)は、手軽に扱えるので稼働率が高かったが、
何を見ても代わり映えせず、物足りなくなったため、口径アップを目的に、TSA-120を購入した。
TSA-120を乗せる架台は、軽量で扱い易い、APZマウント(AP経緯台)を選択した。

10cmアポと12cmアポは、たった2cmの差だが、月、惑星、星雲・星団など、見え方に明らかな差があります。
木星、土星、火星は、模様の見方の次元が異なりますし、高倍率で見る月面は圧巻です。
星雲・星団は、星雲の濃淡、散開星団の星数、球状星団の分解などの差が大きく、ワンランク上の見え方です。

APZマウント(AP経緯台)は、APP-TL130(三脚)との組み合わせで重量6.8kgと軽量です。
TSA120を乗せても、無理は感じず、フリーストップが滑らかですし、微動も可能です。
振動が収まるのに3秒程かかりますが、250倍でも追尾は可能で、十分、実用レベルです。

TSA-120+APZマウントの組み合わせは、設置撤収の手間は10cmアポ+ポルタ経緯台と大差は無く、
お手軽なので、稼働率が高いです。

自宅バルコニーのメイン望遠鏡として、月、惑星、星雲・星団の観望用に使用しています。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。