LUNT LS60THa/PT/B1200ファーストライト! 8月6日

ここでは、「LUNT LS60THa/PT/B1200ファーストライト! 8月6日」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日、ラントLS60THa/PT/B1200のファーストライトを行いました!

この望遠鏡の一番の特徴はエアープレッシャーチューニングです。
実際にチューニングハンドルを回してみると透過バントが緩やかに太陽全体に均質に変化します。
ティルト方式と違ってエタロン自体を傾けないため、太陽全体像の均質性が高いようです。

LS60THa/B600では透過バンドとピントがきっちり合って見える範囲が狭いため、
自分の見たい箇所、又は撮影したい箇所を視野の中心にもってくる必要がありましたが、
LUNT LS60THa/PT/B1200では太陽全体にピントが合っており、太陽を視野の中心に
入れれば全周でプロミネンスが見えます。
太陽を視野の中で移動させるとプロミネンスの見え方は変化しますがLS60THa/B600よりも
変化が緩やかです。

初撮影にもチャレンジしました。

LS60THa/PT/B1200 テレプラスPRO300×1.4 EOS60D 
太陽全体にピントが合っており、プロミネンスが全周で小さな物まで綺麗に写っていて驚きです。

こちらは以前、LS60THa/B600で撮影した太陽全体像です。

LS60THa/B600 テレプラスPRO300×1.4 EOS60D
太陽の周囲に、非対称の赤いもやもやが有り、良像範囲が狭いです。

LS60THa/B600とLS60THa/PT/B1200の写真適正の差は歴然ですね。
ただ視野の中心に見たい部分を持ってきた時の眼視での見え方は同じなので
眼視のみなら価格の安いLS60THa/B600でも十分だとは思います。
個人的に今回の買い換えは大正解でした。
コメント
この記事へのコメント
素晴らしいです!
ビントがピッタリ合うと、ここまで写るんだという良い例ですね。
これから益々楽しみですネ!

2011/08/06(土) 20:15 | URL | イッシー #-[ 編集]
イッシーさん、こんばんは!
LS60THa/B600の時は太陽全体像の撮影はあきらめていましたが、
PTなら安心して撮影できるので今後が楽しみです。
コメントありがとうございます(^^)
2011/08/07(日) 00:14 | URL | 秀丸 #IFdljVkg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://agloco4.blog122.fc2.com/tb.php/102-12a874cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。