ニコン EDG8×32を購入!

ここでは、「ニコン EDG8×32を購入!」 に関する記事を紹介しています。
ニコン EDG8×32

8倍32mm 重量655g 実視界7.8度

双眼鏡はライカ ウルトラビット8×20BR、キヤノン12×36ISⅡ、18×50ISの三台を使い分けています。
この内、鳥見や行楽など星以外では、ウルトラビット8×20BRを主に使用しています。
この双眼鏡は携帯性が良く、見え味も良好で気に入ってます。
ただ、視野が狭く、解像力が物足りないですし、日中屋外以外では暗く、星見には使えません。

その点、8×32クラスのハイエンド双眼鏡は持ち運びできる範囲の大きさ重さであり、広角で明るく魅力的です。
ジャンル的にも鳥見、星見、野球観戦など趣味全般に幅広く使えるので、買い替えを検討しました。

候補に挙げたのは下記の3機種

スワロフスキー EL8×32WB
ニコン EDG8×32
コーワ GENESIS33 PROMINAR8×33

ヨドバシ梅田に出かけて実物を覗いてみました。
EL8×32WBは中心像の切れ味が素晴らしく、明るく、着色も感じず、素晴らしく良く見えます!
ただ良像範囲は30%位と狭く周辺は結構、崩れます。
GENESISも中心像は良いですが、ELに比べると少し劣ります。良像範囲は50%位。
それと少し着色が感じられ透明感がイマイチです。
EDGは現物が無く覗けませんでした。

着色があるのでGENESISはまず候補から外れました。
ELは中心像が素晴らしく良い双眼鏡ですが、良像範囲が狭すぎます。
個人的には、良像範囲が広い双眼鏡が好みです。
現物は見ていませんが、フラットナー採用により良像範囲が広く、着色も無く、
光学性能的に8×32クラスではトップと評判のEDG8×32を購入することに決めました。

本日、商品をお店で受け取り、早速、景色を眺めてみましたが、素晴らしい見え味で感動しました!
明るく、コントラストが高く、色も自然な感じで特に着色は感じません。
良像範囲も80%位と広く大満足です。

ウルトラビット8×20BRとの日中の比較では、明るさ、解像力、開放感など、
見え味はEDG8×32の方が明らかに上ですし、購入して正解でした。

これから、この双眼鏡を持って出かけるのが楽しみです(^^)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://agloco4.blog122.fc2.com/tb.php/114-75b77eed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック