自宅で星団観望! 5月2日

ここでは、「自宅で星団観望! 5月2日」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月2日の夜は雨上がりの為か、透明度が良く遠くの景色が綺麗に見えていました。
23:00頃より雲の切れ間から星が見え始めたので、自宅マンションのバルコニーで
星見をすることにしました。

西空には月齢11の月が明るく輝いていますが、透明度が良いため低空まで星が見えています。
ひょっとしたらオメガ星団が見えるかも?
双眼鏡 ニコンEDG8×32で低空を探すと微かながらオメガ星団の存在が確認できました!
自宅でオメガ星団が確認出来たのは始めてなので感動しました。
望遠鏡なら分解して見えるかも?テレビュー101で観望したところ、大きな星雲状で
分解には至りませんでした。さすがに、この条件で口径10cmでは無理なようです。

その後、EDG8×32で、自宅でどれ位、星団が見えるか試してみました。
球状星団
M4 微かながら存在が確認出来る。
M5 はっきり確認可能
M22 はっきり確認可能。
散開星団
M6 明るい星が数個見えるが星団に見えない。
M7 散開星団として十分楽しめる。
M11 星雲状に見える。
M16 星雲状に見える。
M25 星雲状に見える。
NGC6231 明るい星が十個程度見え、散開星団らしく見える。

32mmと小口径の双眼鏡ですが、自宅でも結構、楽しめることが分かりました。
付属の角見口を使うと顔に密着できるため、手振れが軽減するし、
周囲の迷光が接眼部に入らないのが良いです。
それと、軽いので1時間位の手持ち観望なら楽勝です。

個々の星団の見え方は18×50ISの方が圧倒的に上ですが、
重量が1.2kgもあるので、手持ちは20分位が限度です。

他に12×36ISⅡがあり、こちらはEDG8×32と18×50ISの中間的な見え方です。
重量的にはEDGとほぼ同じですが、ISボタンを押し続けないといけないので、やや疲れやすいです。
この辺りは上手く使い分けていきたいと思います。
コメント
この記事へのコメント
自宅から「ω星団」が見えるなんて素晴らしいですネ!
その他の対象も、けっこう楽しむことができたようですね。
こちら(岩国市)も見えているのに気がつかない、というか、本気で見ていない証拠ですねぇ(笑e)
過ごしやすい時期になったので、私も古い8㎝11倍(ハレー彗星メモリアル双眼鏡)をベランダで使ってみましょうかねぇ~。
ただし、クモリが発生しているので、果たして使いモノになるかどうか・・・
DOB GOTO14(35㎝)を早く運用できるようにしたいのですが、なかなか使いこなせていませんデス。
2012/05/03(木) 11:55 | URL | #-[ 編集]
イッシーさん、こんばんは!
自宅のバルコニーは真南向きで、視界は良好です。
透明度が良い時なら、オメガ星団が見えることが今回、分かりました。

郊外で3~4等星が見える空なら星団は結構、楽しめますよ。
11×80は大口径なので、十分楽しめると思います。
35cmも有れば、多少、光害のあるところでも球状星団は分解します。
OⅢなど、フィルターを使えば、散光星雲も楽しめますよ。
コメントありがとうございます!
2012/05/03(木) 22:47 | URL | 秀丸 #IFdljVkg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://agloco4.blog122.fc2.com/tb.php/117-32181fde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。