LUMIX G VARIO 100-300mm F4.0-5.6を購入!

ここでは、「LUMIX G VARIO 100-300mm F4.0-5.6を購入!」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
野鳥撮影用にLUMIX G VARIO 100-300mm F4.0-5.6を購入しました!
これでμ4/3のレンズは、12-35mm F2.8、45mm F2.8マクロと合わせて3本です。
この3本で24mm~600mm相当をカバーでき、マクロ撮影も可能でラインナップが完成しました。

換算600mmと超望遠ですが、手振れ補正を効かせれば、手持ち撮影は可能です。
OM-Dの場合、手振れ補正はボディ側とレンズ側を選択可能ですが、ボディ側だと
シャッター半押しの間しかファインダー像が安定せずフレーミングがしにくです。
このレンズに関してはレンズ側の手振れ補正の方が使い易いしお勧めです。

早速、久米田池に野鳥の撮影に出かけました。

カルガモ

OM-D E-M5 LUMIX G VARIO 100-300mm F4.0-5.6 300mm F8 1/500 ISO800

池や川でよく見かける野鳥です。ノートリミングです。

オオバン

OM-D E-M5 LUMIX G VARIO 100-300mm F4.0-5.6 300mm F8 1/1500 ISO800

バン

OM-D E-M5 LUMIX G VARIO 100-300mm F4.0-5.6 300mm F8 1/1500 ISO800

久米田池にはオオバンとバンが住み着いていて、いつ行っても見ることができます。
こちらはトリミングしています。

オオバン 動画

OM-D E-M5 LUMIX G VARIO 100-300mm F4.0-5.6 300mm

初の野鳥の動画撮影にも挑戦しましたが、結構綺麗に録画できることが分かりました。

OM-D E-M5+LUMIX G VARIO 100-300mm F4.0-5.6の重量は合計945gと、換算600mmとは
思えないほど軽量で、実際に使用していても呆れる位に楽チンです。

C-AFで水面を移動する水鳥は追尾できますし、動画の撮影にも対応可能です。
それとEVFは拡大表示することが出来るので野鳥の観察にも使えます。

OM-D E-M5+LUMIX G VARIO 100-300mm F4.0-5.6は手軽に超望遠撮影をしたい人にはお勧めです。
これから、この組み合わせで超望遠撮影を楽しんでいきたいと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://agloco4.blog122.fc2.com/tb.php/125-cd92b0f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。