双眼鏡

ここでは、「双眼鏡」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スワロフスキー EL8×32 SWAROVISION

8倍32mm 580g 2014年12月購入 用途 鳥見、行楽、野球観戦

見味: 抜群に明るく鮮明、抜群にシャープ、着色無し、良像範囲90%
驚く程、鮮明な見え味で、光学性能的に同クラスでは、世界一の双眼鏡だと思います。
ラップアラウンドグリップのため、しっかりとホールドでき、580gと軽量なのも良い点です。
公園や里山での鳥見、行楽、プロ野球観戦に使用しています。

キヤノン 10×42LIS

10倍42mm 1030g 2014年1月購入 用途 鳥見、星見

見え味:明るい、シャープ、暖色系の着色有り、良像範囲90%
隅々までシャープな上に防振のため、他の双眼鏡では実現できない、素晴らしい見え味です。
電池込みで1080gと重く、長時間、使用すると腕が疲れるのが欠点です。
距離が遠くなる水辺の鳥見、星の手持ち観望に使用しています。

過去に所有していた双眼鏡

ライカ ウルトラビット8×20BR
見え味:明るい、解像力不足、着色無し、良像範囲70%
携帯性が良い双眼鏡が欲しくなり、憧れのライカの双眼鏡を購入。
日中屋外では明るく良く見えますが20mm口径のためか解像力が物足りないです。
※2cmクラスでは満足できず、EDG8×32に買い替えのため売却しました。

ニコン EDG8×32
見え味:明るい、シャープ、僅かに暖色系着色、良像範囲80%。
明るくシャープで良像範囲が広く国産の双眼鏡ではトップの見え味です。
手になじむ形状でホールドしやすく、付属のツノ見口を使用することにより手振れを低減できます。
※世界一の見え味を誇る、EL8×32SWAROVISIONに買い換えのため売却しました。

スワロフスキー EL8.5×42 SWAROVISION
見え味:抜群に明るく鮮明、抜群にシャープ、着色無し、良像範囲90%
抜群に明るく鮮明で、世界最高峰の双眼鏡です。
像の平坦性も素晴らしく、良像範囲は90%で10×42LISと同等の広さです。
曇った日の鳥見でも鮮明に見え、夜間の星見も星像がシャープな点像で最高の見え味を楽しめます。
※軽量化を目的に、EL8×32SWAROVISIONに買い換えのため売却しました。

キヤノン 12×36ISⅡ
見え味:明るさ普通、シャープ、色が薄い、良像範囲90%
防振の効果は大きく、手振れの無い安定した視野が得られ12倍+防振の迫力と解像力は素晴らしいです。
星見では微恒星が手振れに埋もれず良く見え、星雲・星団が良く見えます。
それから干潟や池など距離が遠くなる鳥見に威力を発揮します。
※10年間の使用により外装がボロボロになり、10×42LISに買い換えのため売却しました。

キヤノン 18×50IS
見え味:明るさ普通、シャープ、色が薄い、良像範囲90%
星雲・星団観望や月面など天体専用双眼鏡として購入しました。
18倍と50mm口径のため迫力のある見え味です。
広角67度なので開放感も抜群!視野周辺でも星像は崩れません。
欠点はピントが浅くシビアなことと、IS作動時に解像度が落ちる事です。
約1.2kgと重いですが、リクライニングチェアに寝転がれば、重さが緩和され手持ちで観望出来ます。
※口径アップを目的にニコン18×70 IF WPに買い替えのため売却しました。

ニコン 18×70 IF WP
見え味:明るい、抜群にシャープ、暖色系の着色有り、良像範囲60%
抜群にシャープで解像力が高く素晴らしい見え味です。
メジャーな星雲・散開星団は、この双眼鏡のみで一通りは楽しむことができます。
又、月面のクレーターや海の濃淡も良く見えます。
※機材整理のため売却しました。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://agloco4.blog122.fc2.com/tb.php/142-3420ab52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。