みつえ高原牧場へ星見遠征! 9月26日

ここでは、「みつえ高原牧場へ星見遠征! 9月26日」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
9月26日は仕事を終えた後、みつえ高原牧場へ遠征しました。
時折、筋状の雲が通過するものの概ね晴れで透明度も良かったです。
いつもの道路脇にNinja-320を設置しました。
牧場特有の開放感が気持ちよくお気に入りの観望場所です。



今回は普段はあまり見ない惑星状星雲を中心に観望しました。

NGC7009(土星状星雲)は128倍で眼視でも色が分り綺麗な水色に見え感動的です。
高度が低くかったため気流が悪く土星の輪のような構造は、ちらっとしか見えませんでした。

NGC6826(まばたき星雲)は128倍で直視すると中心星しか見えず、逸らし目にすると
白色の丸い星雲がはっきり見え面白いです。
「まばたき星雲」と呼ばれる理由に納得しました。

M57(環状星雲)はUHC・128倍で楕円のリング状に見えリングの内側も
薄っすら星雲があるのが分る。

M27(亜鈴星雲)はUHC・128倍で濃淡が見事で左右の膨らんだ部分も良くみえました。
惑星状星雲では最も見ごたえのある対象です。

M76(小亜鈴星雲)は240倍で中央がくびれていて亜鈴のように見えます。
北側より南側の方が明るく、なかなか見ごたえの有る星雲です。

NGC7662(青い雪だるま)は240倍で青緑色が分り綺麗!
直視だと丸く、逸らし目にするとリングというかCの字状の構造が見え感動しました。

惑星状星雲は高めの倍率で見ると、特徴が良くわかります。
色が見えたり構造が見えたりと、なかなか楽しかったです。

これ以外ではM31をパンオプティック35mm+パラコア、48倍、1.4度で見た姿が良かった!
同一視野内にM32とM110もぎりぎり入り、天体写真で良く見かける構図になります。
暗黒帯が二本はっきりと見え、中央部の輝きが印象的です。
本体は視野から少しはみ出していて北側より南側の方が濃いです。
良い空で見るM31は美しいです。

今回は収穫も多く、遠征して良かったです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://agloco4.blog122.fc2.com/tb.php/51-11e2db7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。