LUNT LS60THaで太陽観望&撮影! 8月28日

ここでは、「LUNT LS60THaで太陽観望&撮影! 8月28日」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本日もLUNT LS60THaをポルタ経緯台に乗せて太陽観望&撮影です。

今日の太陽は北側にやや大き目のプロミネンスが出ていました。
明るいプロミネンスが2個並んでいて複雑な構造が良く見えます!
更にその周辺には吹きとばされたかのような淡い領域が大きく漂っていて凄い光景で感激しました。

この日はプロミネンスの拡大撮影にチャレンジしてみました。
アイピースはナグラー13mmでC-3040の望遠端での手持ち撮影です。

プロミネンスの複雑な構造と、画像では分かり辛いですが、周辺に淡く広がった
領域が写っています。

こちらは先ほどの写真から約1時間後の写真です。
プロミネンスの形状が変化しているのが分かりますね。
自分自身でこんな撮影ができるようになったのは嬉しいですし楽しみが増えました。

かつて太陽専用Hα望遠鏡は非常に高価で欲しくても手が出せる代物ではなかったです。
それが2004年のP.S.T.の登場で太陽のHα像を身近に楽しめる事ができるようになりました。
秀丸も2004年9月に個人輸入でP.S.T.を入手しました。

その後、2008年にラントソーラーシステム社が比較的安価な価格で参入。
2010年にコロナドがラントに対抗して低価格のソーラーマックスⅡシリーズを発売。
個人輸入でLS60THa/B600なら11万円程で買えてしまいます。
LS60THaはP.S.T.より遥かに見え味が良く、拡大撮影にも最適な機種だと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://agloco4.blog122.fc2.com/tb.php/75-433e04e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。